「鼻呼吸」トレーニング始めてみませんか?

「鼻呼吸」トレーニング始めてみませんか?

前述したとおり鼻呼吸にはプラスになることが多くあり、例えば鼻呼吸をすることによって、体にたくさんの酸素を取り込み、脂肪がよく燃焼されるとともに、血流も良くなって内臓機能が活性化され、より多くのエネルギーが消費されるので、基礎代謝が上がり、痩せやすい体になります。

また呼吸が深くなり、腹式呼吸ができるようになると

・ストレスが解消されリラックスできるようになる
・睡眠の質が良くなる
・血圧が下がる

などのメリットもあげられます。

そんな鼻呼吸を促すお手軽トレーニング法をご紹介させていただきます。

忙しい毎日、ちょっとした時間を有効利用してみましょう!

電車の中や仕事中にこっそりと

電車の中や仕事中にこっそりと

しっかりと口を閉じ、鼻から息を吸い込み腹式呼吸でゆっくり深い呼吸を意識し、息を吐く/吸うを自分の呼吸のリズムで2回ずつ行うことで、「ちゃんと吐き切る/しっかり吸い込む」という習慣が身につき、陽と陰のエネルギーの流れが良くなります。

あいうべ体操

あいうべ体操

あいうべ体操の提唱者である今井一彰先生がおこなった調査では、
あいうべ体操を行い鼻呼吸になったことでインフルエンザが激減したそうです。

そんなあいうべ体操のやり方は、次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。

(1)「あー」と口を大きく開く
(2)「いー」と口を大きく横に広げる
(3)「うー」と口を強く前に突き出す
(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けます

ガムをかむ

ガムをかむ

口をしっかり閉じて左右均等に咬みます。
唾液を飲み込むとき、舌を上顎にしっかり吸い付けることを意識する。
ガムも一緒に飲み込まないように気を付けてくださいね。

睡眠時のサポートは・・・

起きている間は意識できても、寝ている間に口が開いて口呼吸をしていることも。
そのため、寝ている間に口が開かないようにサポートする方法として、
「Good Sleeperグッドスリーパー」をご提案いたします。
こちらの商品はスポッとかぶるだけの簡単設計。
滑り止め素材と高い伸縮性でしっかりフィットします。

これで一日中安心の鼻呼吸を!

詳しくはこちら

他にはこんな記事が読まれています

すべての特集を見る

SEARCH

2022年1月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2022年2月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

※赤色の日は休業日のため、ご注文は可能ですが、発送作業は翌営業日以降の対応となります。