着圧ソックスは履かない方がいい?適切な使用方法をご紹介

着圧ソックスの使用方法を正しく知って、効果を実感!

着圧や加圧サポーター、大人気ですよね。
インフルエンサーがSNSで宣伝していたり着用している姿を投稿していたり。
むくみに悩んでいる方、血行促進やダイエットに興味がある方は興味深々で読んでいるのではないでしょうか?数年前から着圧系のものは流行り始め、若い女性を集客するためのノベルティに使われたり、大型ドラッグストアではインバウンドの買い占めがあり「おひとり様3点まで」のポップがあったこともあります。

では何が良いのか?

どうなるのか?

検証してみましょう。

着圧ソックスのメリット

むくみの解消

ずばり、ふくらはぎの辛いむくみの解消に効果がある、です!
終日の立ち仕事や、座りっぱなしのデスクワークで、脚のむくみ・脚のだるさに毎日の疲れがとれないと悩む人は大勢います。
立ち仕事の方はパンプスを履いていると余計に気になるのではないでしょうか?デスクワークの方も夕方になると足がパンパンでなんだか気持ち悪い、靴下の跡がくっきり、夕方は足が大きくなって靴がきつい、と思われる方もいらっしゃると思います。
むくんだ上に上半身は暑くても足先はキンキンに冷えているなんて方も。脚は人間の体のなかで、もっともむくみやすく、疲れやすいところです。
ではなぜむくむのでしょう?
理由は足は心臓から遠くにあるため、血液やリンパの流れが悪くなりやすく、老廃物や水分が溜まることが多いからです。心臓から送り出された血液は、全身を巡ってまた心臓に戻ります。このとき、脚にまで流れた血液は心臓から遠く、また重力に逆らって戻らなければなりません。そこで、ふくらはぎの筋肉の伸縮が「ポンプの役割」となって、血行を促進しています。
また冷え症の人は血巡りが悪くなっているので、水分の巡りも悪くなっています。体の水分がリンパ管や血液中から漏れ出し、たまってしまうとむくみとなって現れるのです。

冷えとむくみの関係は『足の冷えの原因と対策』で詳しくご紹介しています。

そんな辛いむくみを改善してくれるのが【着圧ソックス】を【履くだけ】なのです。
また細見えするところや、お腹まで長さのあるものであれば苦しくて空腹を感じないという感想で試してみようと感じる方も多いです。

着圧ソックスはどうしてむくみ改善に効果があるの?

着圧グッズはもともとが病気を改善する目的の「弾性ストッキング」として作られた医療用品だからです。
もともとヨーロッパ諸国で、血管の中に 『血液のかたまり』ができ、血液の流れを悪くする症状が出る血栓症の予防のために使用されていたそうです。その後、医療用品の弾性ストッキングが「ヒールのある靴を履くことで、脚がむくみやすい」という女性の悩みを改善できること、さらにすっきりした細い脚を保ちたいというニーズにも合ったことから、美容グッズとして開発され、今では世界各国で利用されています。

強着圧 hPa(ヘクトパスカル)

むくみ解消とともに細見えしたい!と思う方も多いと思います。
SNSを覗くと片方に着圧ソックスを履き、もう片方は素足での写真を投稿しているものが多くあります。確かに履いている方の足は細く見えますよね。
どれどれ、どんなソックスだろう?と調べると『40hPa』との表示が…
hPa(ヘクトパスカル)とは??どのようなものでしょう?hPa(ヘクトパスカル)とは引き締める(圧力)を示します。よく聞くタイツなどのデニールは糸の太さの単位なので履くものとしてはまだなじみがないかもしれません。
個人の感覚によりますが一般的に20hPa以上の値だと強力に感じる方が多い傾向となります。

着圧ソックスのデメリット

きつくて入らない、履きづらい

魅力的な宣伝ばかりでデメリットってあるの?と感じる方もいらっしゃるかと思いますが残念なことにあります。
一番多いのはやはり「きつくて入らない。履きづらい。」ということです。
着圧が強いため履きにくく、飛び跳ねながら履いてる様子をSNSで見たことないですか?「こんなに強いんだきっと効果も絶大なんだろう」と捉える方もいらっしゃると思いますが実際問題ただ履きづらいだけです。説明書通り履いても履いてる途中で足がつったりしてしまいますよね。そもそも着圧ソックスを履くだけで説明書を見ながら時間をかけてということ自体大変ですよね。女性の朝は特に忙しいですから。
履きにくいだけでなく、残念ながらこういったものは場合によっては血行障害を招いてしまう恐れがあります。血行やむくみの改善を目的としているのに逆効果になってしまいますね。
この件については、平成23年の国民生活センターが公開した資料(※1)にもまとめられています。
また圧力が強いためお肌に密着もします。お肌に不安がない方なら良いのですが例えば使用されている生地がお肌に合わない、チクチク感じるとなると履き続けるのは難しくなります。
(※1)参考:独立行政法人国民生活センター 報道発表資料『加圧を利用したスパッツの使い方に注意!』 H23.4.8

着圧ソックスの就寝中の着用は基本NG

睡眠中はウエストや袖口のゴムのような、少しの体の締め付けが血行悪化を促進してしまいます。
そのまま眠ってしまっても足が痛くて起きてしまった経験がある人もいらっしゃると思います。就寝時の一般的な着圧グッズの着用は避けたほうが良いと言われています。
それでも着用したい方は
・昼間には着用しないこと
・太ももは15hPa以下、ふくらはぎは20hPa以下、足首は30hPa以下の低圧のものを選ぶ
ことを忘れないで下さい。また長時間の使用もNGです。血行が悪くなる一方です。
着圧グッズで血行不良になり不健康になったり病気になってしまっては本末転倒です。
デメリットやNG事項をよく確認することが大切です。

着圧ソックスの選び方は?

自分にあった圧力で

着圧グッズは、さまざまな圧力のものがありますが、やはり「自分に合った圧力」を選ぶことが大切です。
サイズは身長や足首周囲のサイズを元に選んでみましょう。
また昼間に使用するタイプ、就寝時に使用するタイプなど「いつ着用したいか?」に合わせて、着圧ソックスを使用することをお忘れなく!
一般的な市販の着圧ソックスは、医療用の弾性ストッキングに比べて「圧が弱く」設定されていますが、使用してみて
・きつ過ぎる
・履くと痛みがある
・履いたあとでシビレが生じる
などの症状が出てしまう時はご自身にあっていない可能性があるので圧の強さやサイズの変更が必要です。
着圧ソックスをいくつかお持ちの方は見た目で着圧が分かりにくいので着用シーンで履き分ける、というのは意外と面倒なことかもしれませんが大切なことです。もったいないから、インフルエンサーも履いているから、とそのまま履き続けると、繰り返しになりますが血行障害や神経障害をきたすおそれがあります。

着用時間や履き方は?

日中でも寝る時でも24時間いつでも着用OKと書かれているものもありますが、24時間履き続ける必要はなありません。
そもそも着圧ソックスはふくらはぎに適度な圧を加えて血流をサポートするアイテムですので長時間着用していると元々足に備わったポンプ機能が衰えてしまう可能性もあるのです。そうなってしまうと逆に今までよりむくみやすくなったりかぶれや湿疹といった肌のトラブルにつながることも。
決まった着用時間はありませんが8時間を目安にして履きっぱなしは避けましょう。日中は日中用、就寝時は就寝用と「自分が心地よい」と感じる履き方を見つけるとよりリラックスできます。
また正しい位置で履くことにも気をつけて!特にニーハイソックスやレギンスタイプのものは圧の強さが違う場所が数か所あります。つま先からゆっくり引き上げ、正しい部位に適切な圧がかかるようにしましょう。

結局どれが良いの?

メリット、デメリットをご紹介しましたが、実際のところ何がいいの?どれを使ったらいいの?
となると思います。
そこでおすすめしたいのが良感肌屋の新製品『履きやすい着圧サポーター』です。

安心して使える着圧ソックスは良感肌屋の履きやすい着圧サポーター

履きやすさに特化した着圧サポーター

良感肌屋の新製品『履きやすい着圧サポーター』の一番の特徴は履きやすさ!
今までの着圧サポーターでの残念なお声を反映し、きつくて履きにくいを解消しました。
履きやすさを追求して開発した特殊形状となっているのでするっと履けちゃいます。
高齢の方にも軽い力でぐーんと伸びます。足がむくんで辛そうにしているお母様へも自信をもってお勧めできます。
また16hPa~17hPaという丁度良い着圧ですので日中も就寝時も安心して着用できる上、特別に就寝用の着圧サポーターを買わなくてもこちら1つでお使いいただけます。

快適さと素材にこだわった国内製造

国内製造で綿混素材です。
化学繊維だと暑い季節に着圧サポーターを使っていると汗が蒸れてかゆくなる…という経験があるかたもいらっしゃると思いますが、綿混在素材で水分を吸収してくれますので化学繊維が苦手な方にもおすすめです。
綿の特徴として吸水性が高いので、綿の内側と外側で温度の差ができると、内側の水分を吸い取って外側へ発散します。その時に熱を奪うので涼しく感じられます。通気性も良いので夏にはぴったりの素材なんです。寝苦しい夜にも暑苦しくなく着用していただけます。
もう1つの綿の特徴として保温性にも優れています。繊維の中心部がマカロニのように空洞になっているので、熱が伝わりにくく放出されにくいのです。
つまり暑い時期は涼しく、寒い時期は暖かいという素晴らしい特徴があるのです。

こういった優秀な性質のある綿混在素材なので年中快適に使っていただけるわけです。

※履き口が分かりやすいよう、履き口の裏側(お肌側)には赤いラインで目印を設けています。

お肌に優しく履きやすい着圧ソックスができました

良感肌屋のモットー、お肌に優しく、履きやすいを追求した商品なのです。
また1組わずか20gの軽量ですのでとてもコンパクト!
靴や靴下を選ばないカラーなのでいつものファッションにも合わせやすいです。
乾きやすい薄手素材ですので毎日清潔に使って頂けコスパも良いです。

ノーストレスで長く続けられる着圧サポーターにご興味を持った方はぜひお試し下さい!

商品ページへ

あわせて読みたい

【新提案】履きやすい着圧サポーター徹底解説

キーワードで探す

営業日カレンダー

2024年3月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2024年4月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

※赤色の日は休業日のため、ご注文は可能ですが、発送作業は翌営業日以降の対応となります。