【腱鞘炎を治すには?】手首の痛みの原因と今すぐできる予防法

【腱鞘炎を治すには?】手首の痛みの原因と今すぐできる予防法

特別のことをしていなくても手首が痛い、腱鞘炎かもしれない… そうお感じの方多いのではないでしょうか? 痛みの原因と自分でできる解決法をご紹介します!

腱鞘炎チェック

腱鞘炎が起こりやすい人

まずどういった人が腱鞘炎になりやすいのでしょうか?
単に手をよく使う人、ばかりではありません。

パソコンでの作業が多い
スマホに夢中になることがある
楽器の演奏
文字の書きすぎ
妊娠・出産期の女性
糖尿病の人
人工透析を受けている人
関節リウマチの人

パソコンやスマートフォンを操作する人、業務で指を酷使する人は腱鞘炎が起こりやすい傾向があります。
また育児で赤ん坊を抱っこすることの多い人や、家事で指を酷使する人も要注意です。

多くの方が1つはチェックがつくのではないでしょうか?

腱鞘炎は現代病?

一般的に腱鞘炎といえば手首・手のひらをさすことが多く手首に起こる腱鞘炎を「ドケルバン病」、手のひらにおこる腱鞘炎を「ばね指」と呼ばれています。

ドケルバン病は以前はピアニストや理美容師など手を酷使する職業の方に起こりやすいものでしたが最近は老若男女問わず誰にでも起こり得るようになりました。
なぜでしょう?理由はスマホです。

スマホを片手で持ったまま親指でフリック入力やタップをされている方が多いからです。
そもそも人間の親指は上下左右の激しい動きができるようにできてはいません。ところがスマホの画面に指で触れ上下左右にはじくフリック操作では、この不自然な動きが日常的に行われるため親指を伸ばす度に筋肉と骨を結び付けている「腱」と腱を骨から離れないようにしている組織「腱鞘」との間に摩擦が生じて炎症を起こしやすくなってしまうのです。
このことからスマホの操作が原因で起こる腱鞘炎をスマホ腱鞘炎と呼ばれるようになりました。
つまり腱鞘炎は現代病だとも言えるのです。

腱鞘炎は現代病?
腱鞘炎でも家事は休めない

腱鞘炎でも家事は休めない

家事など手をよく使う場面で痛めることもよくあります。
慣れた動作でも知らず知らずに痛めていることもあるのです。

そもそも腱鞘炎の痛みは手首の親指側にある腱に炎症が起こった際の痛みです。この状態で手首の親指側が痛み、腫れを伴います。親指を広げたり動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走るのが特徴です。
これらは妊娠出産期の女性や更年期の女性に生じることもあります。
指や手首が痛くても手は毎日使います。特に利き手はそう。
休まる時はなかなかありませんよね。

腱鞘炎を治すには?

誰にでもいつでも起こりえる腱鞘炎。
ではなってしまったらどうしたら良いのでしょう?

まずは患部を固定し動かさないことです。患部を動かすとその度に腱と腱鞘がこすれてしまうため炎症が悪化してしまいます。腱の炎症を予防したり炎症を軽減するためには手首と親指の両方を固定し動きを制限することが重要です。
つまり安静にすることが1番大切です。
また病院で治療してもらい手首や指を固定する器具をつけてもらうのも方法の1つですが、簡単につけたり外したりすることができず日常生活で不便を感じることもあると言えます。

腱鞘炎を治すには?

腱鞘炎を予防するには?

予防のためのストレッチ

予防のためのストレッチ

仕事でも生活でも手首や指を知らず知らずに酷使してしまっています。
1日の終わりにぜひ手のストレッチを試して下さい。

①手首のストレッチ
片腕を体の前にだしてのひらを外に向け、反対の手で手首を手前に倒すようにして伸ばします。
意識しながらゆっくりとすると尚効果的です。

②手の甲のストレッチ
両手を重ねるようにして指と指を交互に重ねます。
手の甲に見える指の骨と骨の間にある筋肉を反対の手の指でこするようにしながら揉みます。

少しでも痛みがある時はストレッチをしないで安静にして下さい。
症状が悪化する場合もありますので注意です。

固定と予防

固定して安定にと言えど、仕事をしていたり家事をしていたりでなかなか手と手首を使わないのは生活上難しいことですよね。普段通りの生活をしながら手と手首を固定できたり、予防できるのが1番です。

腱鞘炎の手首の固定には

親指・手首の固定のためのサポーター

そこでおすすめなのが良感肌屋イチ押し
水仕事にも使えるメッシュの手首サポーターです。

親指の十分な固定を実現するため、ボーン(固定力の強い素材)を使用。
シリコン素材などでは強度が不足し動きを制限することは難しく腱の伸張を留めることはできませんが、良感肌屋の水仕事にも使えるメッシュの手首サポーターはボーンを親指の背面にダイレクトに通していることで効率的に動きの制限をかけられます。

親指を通したあと、バンドで手首を一周巻いて止めます。このバンドが手首をしっかり固定します。バンドの幅も広くいのでホールド力も十分!こだわりのバンドとボーンが手首と親指の形に沿い十分な固定が可能となりました!

親指の動きを制限するだけではなく手首を固定することで腱の伸張を効果的に防ぐことができます。動かさないで安静に、動かした際にも固定ができるわけです。

水仕事もOK!手首を支えます

水仕事もOK!手首を支えます

メッシュ素材ですぐに乾くのでつけたままの水仕事もOK!
そもそも痛みがあるのにサポーターをつけたり外したりするのはストレスですよね。
水仕事にも使えるメッシュの手首サポーターはその名の通り、つけたまま水回りの作業をして頂けます。

実用的な予防

このように親指と手首の両方をしっかりとホールドすることで腱にかかる負担を軽減できると考えられます。
サポーター自体の伸縮性もあるため締め具合によって適度な固定感をご自身で選択でき過度な締め付けを防ぐこともできます。
腱鞘炎はデスクワークや家事など日常的な動作から起こることがほとんどです。
これらを予防するためには日常動作の最中に予防的にサポーターを装着しておくことも重要です。

実用的な予防

キーワードで探す

営業日カレンダー

2024年4月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2024年5月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※赤色の日は休業日のため、ご注文は可能ですが、発送作業は翌営業日以降の対応となります。